エージェントの活用が就職や転職を助ける

エンジニアとしてのスキルを活かして仕事をしていく道として一般的なのは、会社に勤めるという方法です。その会社にも多くの種類があり、最新のシステム開発や技術開発に携わりたいという意欲があるなら、IT系の大企業かITベンチャーに就職するのが定石となります。
ITエンジニアになるには、就職にしても転職にしても大企業の情報は容易に得ることができ、自分の力で比較検討を行うことは可能でしょう。

しかし、ITベンチャーにおいては、その数の多さと知名度の低い企業の多さから情報を獲得することから大変になります。そして、もし欲しい情報を取得できたとしても、その整理と比較検討には膨大な時間が必要になってしまうでしょう。

そういった状況がありながらも、ITベンチャーを志望する技術者も多く、有能な人材を欲しているベンチャー企業も多数存在しています。
IT業界の隆盛に伴い、この両者を仲介するエージェントが生まれたことによって、技術者の負担が軽減されるようになってきています。

即ち、エージェントが技術者に対してヒヤリングを行うことによって、希望している職種や仕事内容で働く人材を求めている企業を紹介してくれるというシステムができているのです。
その逆方向もまた然りであり、求職者が登録しておくことによって、企業にヒヤリングをすることによって必要とする技術者を紹介するということも行われています。
こういったエージェントの仲介により、ベンチャー企業と技術者とがつながりやすくなっているのです。