大学生がitエンジニアとして活躍するには

学生の中では、新卒の大学生がitエンジニアになるには、いったい何が求められるのかを気にしている人も少なくありません。
自分は文系の大学生だから、IT系の企業に入っても知識がないから働けないのではないかと考えて、自分の選択肢から外してしまうこともあります。
不安に思って、自分の選択肢を狭めてしまうのはもったいないことです。

実際、IT企業が新卒社員には、必ずしも即戦力の専門知識は求めていません。
もちろん、入社時から専門知識があったりプログラミング能力があるほうが、早く仕事を割り当てることが可能です。
しかし、情報系以外の学科出身のITエンジニアで活躍している人はたくさんいます。
専門知識は入社時の研修や、配属後の実践で身に着けることが可能です。入社前から、入社前研修として資格試験取得のサポートを行っているところもあります。

新卒の人に対しては、テクニカルなスキル以外に、コンセプチュアルなスキルの方を重視される傾向にあります。
システム開発は、一人で行うわけではなく、複数の人とチームで行うものなので、自分の考えを相手に分かるように説明したり、相手の言っていることを理解するという、コミュニケーションを積極的に行える人が望まれます。
専門知識やノウハウがなくても、それはどういうことかを人に聞いたり、自分から積極的に勉強するという姿勢の方が大切です。こういった能力はITエンジニアだけに求められることではなく、別の職種にも当てはまることです。